任意整理による債務整理

任意整理による債務整理

任意整理による債務整理は、消費者金融などのお金を貸した側とお金を借りて返済に困った人と直接対話により、債務整理を行う方法となります。

 

一見すると、当事者同士が話し合っても解決出来るのかと心配になりますが、お金を貸した側も貸したお金が返済されずに焦げ付いてしまうよりは、少しでも返済してもらったほうが得策となりますので、大抵は話し合いに応じてくれることがあります。

 

一昔のサラ金時代では、こうした任意整理による話し合いが行われることがありましたが、サラ金業者から一方的に家財などの差し押さえや、人身売買などの違法行為が平然と行われていました。サラ金業者による一方的な違法行為が目立つようになり、国としても対策を講じることになり、任意整理による債務整理はあくまでもお互いが同意の下で行われるよう指導されています。

 

任意整理を行ううえで、一般的には毎月の返済額の見直しや利息の軽減が話し合われますが、お金を借りている側の人が、本当に提示されて返済額や利息で更正が出来るのかを証明しなくてはなりません。また、任意整理の交渉するうえで、契約しているキャッシングの金利が貸金業法の示す上限金利以上の設定となっているのであれば、金利の見直しと過払いとなっている利息の返還を請求することができます。

 

任意整理となった場合は、まず自分の契約するキャッシングの金利が20%以上になっているかどうかを確認することをお勧めし、過払い金の請求が出来ることを認識する必要があります。

関連ページ

債務整理とは
キャッシングでの返済が非常にキツくなってきた…何もかも諦めてしまう前に剣闘士たい、債務に関する法律の制度、債務整理について解説しています。
特定調停による債務整理
債務整理には色々な種類があるんです。そのなかの一つ、特定調停による債務整理について解説しています。
自己破産による債務整理
キャッシングの返済が無理になった時の最後の手段?自己破産による債務整理とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
債務整理で過払い金請求
債務整理で過払い金請求ってどんなもの?もしかしてあなたも利用できるかもしれない、債務整理で過払い金請求について解説しています。

▲TOP