債務整理で過払い金請求

債務整理で過払い金請求

近年、景気の回復が進んだことにより、一時期よりも債務整理となる件数は減っています。債務整理となる件数が最も多く発生したのは、やはりバブル景気が崩壊したころから債務整理となるケースが急増してきました。

 

最もバブル時代に、後先なくお金を浪費してさらには、無計画な借金を多用したツケが回ってきたため、債務整理となることが多くあります。ただ、バブル崩壊により、企業の業績も桁並みに落ち込んだため、人員整理に踏み切る企業が続出しました。

 

このため、リストラや企業が倒産したことで、職を失い収入がたたれてしまった人が溢れたことで、住宅ローンなど返済が行き詰まってしまう人もありましたので、単にキャッシングによる浪費が債務整理となった理由ではないようです。

 

債務整理の際に留意するべきこととして、キャッシングに過払いの対象となる金利で契約されていないかどうかを確認することが必要となります。債務整理に陥った人は、今後の生活のことで頭がいっぱいで他のことはあまり考えられませんが、過払いによる利息であれば、その利息を取り戻せるだけでなく、金利の耳直しもされますので、借り入れ残高が大幅に減る可能性があります。

 

このため、今後の返済が困難だと思われていた彼入れ残高に対して、なんとか返済できる借り入れ残高となる可能性があり、債務整理自体も免れる可能性が出てきます。特定調停や自己破産した場合、担当の調停員に過払いの対象金利かどうか相談してみる事をお勧めします。

関連ページ

債務整理とは
キャッシングでの返済が非常にキツくなってきた…何もかも諦めてしまう前に剣闘士たい、債務に関する法律の制度、債務整理について解説しています。
任意整理による債務整理
キャッシングでの返済が難しくなってきた時に知っておきたい、任意整理による債務整理について解説しています。
特定調停による債務整理
債務整理には色々な種類があるんです。そのなかの一つ、特定調停による債務整理について解説しています。
自己破産による債務整理
キャッシングの返済が無理になった時の最後の手段?自己破産による債務整理とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。

▲TOP