完済してから過払い金請求

完済してから過払い金請求

過払い金があるかどうかは、キャッシングで借りたお金を返済している時に気がつくか、第三者から指摘されてはじめて分かることが多くなっています。

 

これは、金利が高く設定されているため、返済しても借入残高がなかなか減らなかったり、返済が困窮してしまうことがあるため、弁護士などが契約するキッャシングをよくよく調べてみると貸金業法が掲げる上限金利よりも高い金利が設定されていることが判明することになります。

 

しかし、高い金利が設定されているのにもかかわらず、ほとんどの人は、頑張って返済し完済してしまうことになりますので、法律的に高い金利が設定されているため、余分に利息を払い過ぎていることに気がつかないケースが多くあります。また、これだけ過払い金のCMなどで世間が騒いでいますので、自分が契約していたキャッシングは大丈夫なのだろうかと心配になる人もあり、自分で過去のキッャシングの金利を調べる人もあるのではないでしょうか。

 

ここで、過去に完済してしまったキッャシングに過払いの対象となる金利設定があった場合、過払い金の請求は出来るのでしょうか。過払い金の請求は、法的に過去5年においてのキャッシングで、過払い金の対象となる利息があった場合は、過払い金の請求が行えるものとしています。

 

ただ、実際に自分で消費者金融に乗り込んでも、相手にしてくれないことがありますので、本来なら弁護士に依頼するのが望ましいものとなります。

関連ページ

無料の弁護士相談
キャッシングの返済で追い込まれているなら一度検討してみたほうがいいかも?無料の弁護士相談ってどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
自分で過払い金請求
過払い金請求は自力でも可能?自分でする過払い金請求について解説しています。
金利の見直し
キャッシングの金利、それは法律の範囲内?キャッシングにおける金利の見直しについて解説しています。
悪質業者の過払い金
キャッシングで良く効く悪質業者。その利息はまさに法外?悪質業者の過払い金について解説しています。

▲TOP