キャッシングの歴史

キャッシングの歴史

キャッシングという言葉が出来たのは、昭和のサラリーマン金融ことサラ金によるお金の融資サービスが始まったこところとされています。一般的にお金を借りることを融資と言っていますが、融資は銀行からお金を借りるとき使われていましたので、サラ金からお金を借りるときをキャッシングと言って使い分けをするようになりました。

 

融資とキャッシングを使い分けるようになったのは、融資は事業資金融資や住宅融資、マイカー融資、教育融資と言ったように、借りたお金の使い道が決められています。対してキャッシングは、借りたお金は借りた人次第で自由に使うことができることから、キャッシングと融資を区別するようになっています。

 

キャッシングのサービスは、アメリカから持ち込まれてきましたが、我が国においてもお金を借りるサービスは銀行以外にもありました。我が国では、質屋が金貸し業を古くから営まわれてきました。質屋は、今でいう信用貸しにあたり、担保となるものを質屋に差出して、差し出した担保に相当したお金を借りることができました。質屋では、期日までにお金を返済できなかった場合は、差し出したものが売買されてしまう質流れとなってしまいます。

 

また、昭和の戦前までは金貸し専門でしかも高利貸しの金貸し業があり、大抵は返済が出来ないため女が身売りすることで借りたお金を返済するものでした。現在のキャッシングは、貸金業法が制定されて法規制のもとでサービスが展開されています。

関連ページ

キャッシングとは
キャッシングってどんなもの?キャッシングについてわかりやすく紹介しています。
キャッシングの金利
キャッシングにおける金利をもっと知っておくと役に立ちます。キャッシングの金利についてわかりやすく解説しています。
キャッシングに関わる法律
キャッシングは法律ではどのように規制されている?キャッシングに関わる法律について解説しています。
キャッシングのメリット・デメリット
キャッシングにはどんな長所や短所がある?知っておくと役立つキャッシングのメリット・デメリットについて解説しています。

▲TOP