キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングは、簡単な手続きで必要なお金を借りることができますので、といも便利なものですが、これは貸金業法が制定される前までの話で、現在はそれほど簡単にはお金を借りることはできません。

 

これは、キャッシングがあまりにも簡単にお金を借りることが出来たため、無計画にお金を借りた挙句、返済できない人が続出したため、借りれる額の制限や収入の証明が必要となってしまいました。ただ、銀行がサービスするカードローンキャッシングは、一度カードローンカードが発行されれば契約時に決めた利用限度額内であれば何度でもお金を借りることができます。

 

また、カードローンキャッシングなら銀行ATMの稼働時間内であれば何時でも利用できますので、消費者金融のキャッシングよりも自由度が高く利便性もよいものとなっています。近年では、インターネットバンキングの普及により、キャッシングにおける借入残高や返済状況をパソコンで確認できるだけでなく、パソコンから繰り上げ返済の手続きも可能となっています。

 

しかし、キャッシングにおける手軽さゆえに、最初は慎重にキャッシングを利用していてもだんだんと慣れてしまい、お金を借りていると言う感覚が薄れてしまう人があります。特に、自制心が聞かない人は、物欲などにかられてキャッシングを多用してしまい、返済が滞ってしまうことになります。また、自分の収入以上の利用限度額を設定できてしまいますので、くれぐれも借りすぎは身を滅ぼすことになります。

関連ページ

キャッシングとは
キャッシングってどんなもの?キャッシングについてわかりやすく紹介しています。
キャッシングの歴史
キャッシングがこれまでどんな道のりを歩んできたのか、キャッシングの簡単な歴史を紹介しています。
キャッシングの金利
キャッシングにおける金利をもっと知っておくと役に立ちます。キャッシングの金利についてわかりやすく解説しています。
キャッシングに関わる法律
キャッシングは法律ではどのように規制されている?キャッシングに関わる法律について解説しています。

▲TOP