キャッシングとは

キャッシングとは

キャッシングという言葉を一度でも聞いたことがある人も多いかと思いますが、近年ではキャッシングよりもカードローンが人気となり、あまりキャッシングの言葉を聞かなくなってしまいました。

 

キャッシングは、主に消費者金融が一般個人に対する小口の融資となっており、消費者金融を貸金業者と言って、同じようにお金を融資してくれる銀行とは違ったものとなっています。同じようにお金の融資を行っているのにも関わらず、銀行と消費者金融を区別しているのでしょうか。

 

今でこそ銀行は、個人向けの小口融資としてカードローンのサービスを行っていますが、一昔までは対法人向けの事業融資が専門で、銀行法による法律にのっとった融資業務を行っていました。対して、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代は、私たち一般個人向けの貸付業務を専門に行っていましたが、規制する法律はありませんでしたので、サラ金業者の思うままに貸付が行われていました。

 

しかも、悪質なサラ金業者になると40%や60%、ひどいサラ金業者では100%を超える高金利で貸付を行っていました。このため、サラ金業者からお金を借りる借りたお金の2倍、3倍ものお金を返さなくてはいけなくなり、俗にいうサラ金地獄と言われ、サラ金からお金を借りると骨の髄まで吸い上げられ、自己破産に陥る人が続出することになりました。

 

その後貸金業法から制定され、消費者金融などは貸金業として扱われて法律基で規制されるようになりました。

関連ページ

キャッシングの歴史
キャッシングがこれまでどんな道のりを歩んできたのか、キャッシングの簡単な歴史を紹介しています。
キャッシングの金利
キャッシングにおける金利をもっと知っておくと役に立ちます。キャッシングの金利についてわかりやすく解説しています。
キャッシングに関わる法律
キャッシングは法律ではどのように規制されている?キャッシングに関わる法律について解説しています。
キャッシングのメリット・デメリット
キャッシングにはどんな長所や短所がある?知っておくと役立つキャッシングのメリット・デメリットについて解説しています。

▲TOP