キャッシングと過払い金

キャッシングと過払い金

過払い金は、キャッシング特有の事象となっていますので、銀行や農協の住宅ローンでは過払い金は発生しませんし、同じキャッシングでも銀行カードローンにおいても発生するものではありません。

 

ただ、全ての消費者金融のキャッシングに過払い金が発生するのかというと、そうではなく一部の消費者金融に集中して過払い金が発生する状況となっています。そもそもキャッシングに限って利息が払いすぎていることが発生するのでしょうか。過払い金は、キャッシング利用時に定められた金利において、利息が払いすぎている事象となります。

 

キャッシングの金利は、銀行の融資のように政府日銀のプライムレートに連動しているものではなく、各消費者金融が自社の経営状況などを判断して独自に金利設定されています。このため、同じキャッシングにも関わらず、消費者金融が違うと金利が全く違うことがあります。

 

現在、キャッシングの金利は、消費者金融による無謀な金利設定を規制するため法律が定められています。消費者金融のキャッシングは、貸金業法により厳格に規制されていますが、金利設定においても貸金業法により上限金利が20%までと定められています。

 

このため、消費者金融は、20%を超える金利設定をした場合は、金利の見直しを指導されるとともに、取りすぎた利息を利用者に返還しなくてはなりません。消費者金融の金利を規制する法律として、利息制限法があります。利息制限法によれると、上限金利が30%となっており、消費者金融からすると利息制限法に従ったほうが得となり、双方の法律の関係で過払いが発生する仕組みとなっています。

関連ページ

過払い金とは
キャッシングでよく聞く過払い金ってなに?キャッシングで言われる過払い金とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
過払い金の請求とは
過払い金が請求出来るってどんなこと?もしかしたらあなたも利用できるかもしれない、過払い金の請求について解説しています。
過払い金請求のメリット
キャッシングなどで必要以上に払いすぎていた過払い金は放っておくと大きな損失?ここでは過払い金請求のメリットについて解説しています。
過払い金請求のデメリット
キャッシングでの利息の不当な払いすぎ分である過払い金だけど、請求しないほうがいいことってあるの?過払い金請求のデメリットについて解説しています。

▲TOP