過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリット

過払い金は、法律で定められた上限金利を超えた金利設定されているため、消費者金融に多く利息を払っていることになりますので、法律が定める上限金利により正しい利息にすることと、払いすぎている利息の返還を行います。

 

過払い金の請求は、過払いが発生している人手あれば、誰でも法律に則って誰でも請求することができます。しかし、過払い金を請求は、親切に消費者金融からあるのではなく、自分自身で過払い金があるかどうかを調べなくてはいけません。また、過払い金がなぜ発生するのかを理解しなくてはいけないことと、法律的に利息を払いすぎていることを証明しなくてはいけません。

 

消費種金融側も過払いがあることを承知の上で、過払い請求の受付はしますが消費者金融からしてみると過払い金は返還したくはありませんので、色々と理由を付けて請求を退けようとします。このため、法律に詳しい人でない限り、消費者金融に言いくるまれて過払い金の請求を退けてしまう人があります。

 

一般的に過払い金の調査や請求は、自分自身でも可能ですが、法律に詳しくないと対応は困難となるため、弁護士や司法書士に依頼することが多くなっています。ただ、弁護士などで無料で過払いの有無を無料で調査してくれることが多くありますが、実際の過払い金の請求は費用が発生しますので注意が必要となります。さらには、弁護士に依頼して過払い金が戻ってきたとしても、そのほとんどが弁護士費用に消えてしまいます。

関連ページ

過払い金とは
キャッシングでよく聞く過払い金ってなに?キャッシングで言われる過払い金とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
キャッシングと過払い金
キャッシングと過払い金ってどんな関係?問題になるキャッシングと過払い金とその請求などについてわかりやすく解説しています。
過払い金の請求とは
過払い金が請求出来るってどんなこと?もしかしたらあなたも利用できるかもしれない、過払い金の請求について解説しています。
過払い金請求のメリット
キャッシングなどで必要以上に払いすぎていた過払い金は放っておくと大きな損失?ここでは過払い金請求のメリットについて解説しています。

▲TOP