過払い金の請求とは

過払い金の請求とは

過払い金は、キャッンシグ特有に起こるもので、払いすぎた利息の返還を消費者金融に請求するものとなります。消費者金融のキャッシングは、基本的に貸金業法に従いサービスが展開されています。

 

消費者金融が利用者に貸したお金は、利息を付けて返済するものとなっており、消費者金融の利息は設定された金利により日割り計算されて算出されています。ここで、貸金業法が制定されて背景は、消費者金融がサラ金時代に遡ることになります。サラ金時代のキャッシングは、現在のような貸金業法などの法規制がなされていませんでしたので、サラ金業者が各々にサービスされていました。

 

特に、金利についてはサラ金業者が独自に設定されていたため、手軽にお金を借りることが出来る反面、非常に高い金利設定による利息を払わないといけなくなり、借金地獄に陥る人が後を絶ちませんでした。国としてもサラ金業者の異常な高金利の規制を行うため、貸金業法よりも先に利息制限法が制定され、年率30%を超える金利設定が実質上出来ないようになりました。

 

利息制限法から遅れてサラ金業者によるキャッシングを規制する貸金業法が制定されましたが、貸金業法においても上限金利の規制があり、年率20%を超える金利設定を規制されるものとなりました。ただ、ここで利息制限法と貸金偽葉法の上限金利に食い違いが発生してしまい、サラ金業者としては金利設定に有利な利息制限法に則り、金利設定されることがあり、この差が過払い金として発生するものとなります。

関連ページ

過払い金とは
キャッシングでよく聞く過払い金ってなに?キャッシングで言われる過払い金とはどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
キャッシングと過払い金
キャッシングと過払い金ってどんな関係?問題になるキャッシングと過払い金とその請求などについてわかりやすく解説しています。
過払い金請求のメリット
キャッシングなどで必要以上に払いすぎていた過払い金は放っておくと大きな損失?ここでは過払い金請求のメリットについて解説しています。
過払い金請求のデメリット
キャッシングでの利息の不当な払いすぎ分である過払い金だけど、請求しないほうがいいことってあるの?過払い金請求のデメリットについて解説しています。

▲TOP