過払い金の請求に関する法律

過払い金の請求に関する法律

近年、テレビCMでも頻繁に言われている過払い金について、弁護士がそこに登場していることから、法律的な対処が必要と考える人もあるかと思います。

 

基本的に過払い金の請求は、法律に基づいて請求を行うものではなく、キャッシングの金利を規制する法律が2つあり、双方が示す上限金利の食い違いから過払い金が発生するものとなっています。

 

ただ、過払い金の請求を行うのには、利息制限法と貸金業法の双方の法律を理解したうえで、請求を行う必要があります。利息制限法は、当時のサラ金業者などの貸金業者に対する貸し付け金利の上限を定める法律となっており、利息制限法による上限金利は30%以下とされています。

 

貸金業法は、サラ金業者などの貸金業者に対して、キッャシングサービスの運用や管理全般に対して規制する法律となっており、貸金業者が設定できる上限金利として金利設定が定められています。ただ、利息制限法も貸金業法もキッャシングに対する上限金利を定めているだけで、ここで生じる金利差は分かりますが、どれだけ利息が払いすぎているのかはこれらの法律では分かりません。

 

キャッシングの金利計算は、基本的に5種類あり、元利均等による利息計算と元金均等による利息計算、元利定額リボルビングによる利息計算、元金定率リボルビングによる利息計算、残高スライドリボルビングによる利息計算があります。キャッシングの利息計算は、一般的に残高スライドリボルビングが用いられることが多くあり、この利息計算の仕組みを理解して過払いとなる利息額を計算しなくてはなりません。

関連ページ

過払い金の請求方法
過払い金は請求したほうが得なのはわかったけど、どうやるの?ここでは過払い金の請求方法についてわかりやすく解説しています。
過払い金請求の手続き
過払い金の請求はどんな手順で行える?過払い金請求の手続きについてわかりやすく解説しています。
過払い金の相談
過払い金は自力だけで解決しなくてもいいの?過払い金の相談について解説しています。
過払い金請求の代行
過払い金の請求は代わりにやってもらえるの?過払い金請求の代行についてわかりやすく解説しています。

▲TOP