裁判所に申し立て

裁判所に申し立て

過払い金の請求を自分自身で行う場合、過払い金に関する知識を持っている人であれば消費者金融を相手に交渉を進めることができますが、こうした知識に乏しい人は消費者金融もそう簡単には過払い金の請求に応じてくれないばかりか、逆に言いくるめられて過払い金の請求を取り下げてしまうこともあります。

 

このような消費者金融の場合、弁護士に依頼してしまうことが手っ取り早いことになりますが、後々の弁護士費用を考えると弁護士に依頼するかどうか躊躇してしまいます。しかし、ここで過払い金の請求が出来ることが分かっていて、請求を諦めてしまうのは非常にもったいないことになります。

 

そこで、過払い金の請求を行っているのにもかかわらず、消費者金融が応じてくれないことを裁判所に申し立てすることができます。裁判所に過払い金請求に関する申し立てを行うとき、近年、過払い金に関わる事案やトラブルが多いことから、一般調停から特定調停枠として取り扱うようになりましたので、過払い金に関わる特定調停の申し立てを行うことになります。

 

裁判所に過払い金請求の申し立てを実際に行う場合、まずは自分が契約するキャッシングに過払いの対象となる利息があることを証明する必要があります。そして、過払い金請求に対して、消費者金融との交渉経緯を示す資料と出来れば、会話内容を記録されたものがあると調停がスムーズに行われます。

 

過払い金請求に関する調停が受理されると、裁判所は法炊きに消費者金融を指導し、過払い金があるのであれば支払い命令として判決が下されます。

関連ページ

行政書士に依頼
過払い金の請求の際の、行政書士への依頼について解説しています。
弁護士に依頼
過払い金の請求で弁護士への依頼ってどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
自分で金融機関に請求
過払い金を自分で金融機関に請求する際に知っておくべきことについて解説しています。
自治体相談窓口に相談
過払い金についての自治体相談窓口への相談についてわかりやすく解説しています。

▲TOP