行政書士に依頼

行政書士に依頼

キャッシングを利用していて、返済しても借金が減らないと悩んでいる人は、借りているキャッシングの金利が高いために借りているお金の額に対して利息が大きくなっている可能性があります。

 

こうした人は、今自分が利用しているキッャシングの金利がどうなっているのか確認してほうがよいことになります。銀行からお金を借りた人であれば、融資契約を行うと返済計画書が送られてきます。

 

返済計画書は、毎月の返済額はもちろんのこと、設定金利に対する利息額や借入残高など、細々と掲載されています。キッャシングにおいても、銀行融資と同様に返済計画書が作られることになりますが、これは消費者金融によってバラツキがあります。あまりにも高い金利設定であることが分かっても、自分で過払い金があるのかどうなのかを調べることができる人は少ないのではないでしょうか。

 

過払い金に関する相談を、テレビCMでもお馴染みの弁護士に頼むことも考えられますが、弁護士は敷居が高いと思っている人も少なくはありません。

 

弁護士は、法律の専門家であり、あらゆる事案の紛争・問題解決の手助けを行ってくれますが、弁護士費用がどうしても気になってしまいます。そこで、同じ法律の専門家である行政書士に依頼することも出来るのです。行政書士は、行政などに対して、法律に従って手続きを代行する業務を行っていますが、手続き代行は行政機関だけでなく、こうした過払い金などの調査・請求も行っており、弁護士費用よりも比較的安く請け負ってもらえます。

関連ページ

弁護士に依頼
過払い金の請求で弁護士への依頼ってどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
裁判所に申し立て
キャッシングの過払い金における、裁判所への申し立てについて解説しています。
自分で金融機関に請求
過払い金を自分で金融機関に請求する際に知っておくべきことについて解説しています。
自治体相談窓口に相談
過払い金についての自治体相談窓口への相談についてわかりやすく解説しています。

▲TOP