自分で金融機関に請求

自分で金融機関に請求

キャッシングの利息を払いすぎているということで過払いの請求を消費者金融に申し立てることになります。

 

このとき世間的には弁護士に依頼しないと過払いの請求は無理のような風潮となっていますが、過払い金の請求は自分自ら消費者金融に申し立てができます。

 

自分自身で過払い金の請求を申し立てるとき、まずは過払いがあることを証明するために、自分が契約するキャッシングの利息について調べる必要があります。また、契約するキャッシングの契約書や約款などの書類を確認し、金利と利息の算定方法を示すことがしるされていますので、これを元に利息額を算出することになります。

 

ここで、正確に払いすぎている利息額を算出しておかないと、これを消費者金融に提示しても相手はこの道のプロになりますので、利息額が違うということで過払い金の請求を却下されてしまいます。そして、実際に消費者金融に過払い金の請求を行う段階に来たとき、営業店に出向いても受付が出来ないことがありますので、消費者金融の相談センターで過払い金の請求を受け付けるところを確認しておくことが必要となります。

 

弁護士などに依頼して過払い請求するとき、弁護士は消費者金融の相談窓口に親書にて過払い金の請求を行っていますので、自分自身で過払い金の請求を行うときも、同様に親書で申し立てするほうが無難となります。良心的な消費者金融では、過払い金にかかわる相談窓口と受付を行っていますので、まずは消費者金融のお客様相談窓口に相談してみるとよいでしょう。

関連ページ

行政書士に依頼
過払い金の請求の際の、行政書士への依頼について解説しています。
弁護士に依頼
過払い金の請求で弁護士への依頼ってどんなものなのか、わかりやすく解説しています。
裁判所に申し立て
キャッシングの過払い金における、裁判所への申し立てについて解説しています。
自治体相談窓口に相談
過払い金についての自治体相談窓口への相談についてわかりやすく解説しています。

▲TOP